工芸のある生活を提案。釉美屋|金胎麗漆タンブラー

金胎麗漆タンブラー

金胎麗漆タンブラー

「ステンレスに漆を塗ることは可能なんでしょうか?」この質問がコラボレーションの始まりでした。
“金属へら絞り”という技術で2011年度の川崎マイスターに認定された大浪 忠氏(相和シボリ工業)は、川崎市の支援を受け、プロダクトデザイナー平川貴啓氏デザインのタンブラーを製作していました。
ステンレスを深く絞ったタンブラーの評価は想像以上に高く、更に付加価値の高いものを目指すことになりました。
その結果、漆工芸家として高い評価を受けている垣沼旗一(新潟県村上市)、アップル社のiPodの鏡面研磨を手掛けた小林研業(新潟県新潟市)の3者によるコラボレーションとして金胎麗漆は完成致しました。
異なる「業」と「技」の融合。このコラボレーションはこれからのものづくりの可能性を示唆しています。

 

コーディネーター 釉美屋 石川恭子

金胎麗漆製品は、平成25年度『かわさきものづくりブランド』に認定されました。
詳細は、相和シボリ工業HPへ http://aiwasibori.com/

金胎麗漆タンブラー
Top